なぜたるむ?気になる顔のたるみ

むくみ解消

年齢を重ねると顔面がたるんできますよね。なぜ人間の顔はたるむのでしょうか?
その原因は3つあります。

 

・肌
・皮下脂肪
・筋肉
この3つです。

 

まず肌ですが、詳しく言うと肌の弾力が年齢と共に下がってきているんですね。人間の顔面の皮の内部はコラーゲンやエラスチンがあり、バネのようになっているんですね。これが徐々にバネの力が弱まり、肌がたるんできます。

 

次に皮下脂肪ですが、この皮下脂肪というのは保湿などの働きがあります。この皮下脂肪は若い時は代謝機能が高いので、ある程度の厚さを保てていますが、年齢を重ねる事でその代謝機能が衰えてきます。

 

代謝機能がなくなると、これらが大きくなり重くなっていきます。その重みに皮膚も筋力も耐えられずたるみになるんですね。

 

最後に筋肉ですが、顔面の筋肉は皮膚とくっついているんですね。ですからいろんな表情が出るんですが、やはり他の筋肉と同様に筋力が低下していきます。その場合、筋肉が皮膚を上に持ち上げていたんですが、その力が弱まり皮膚が落っこちてくる事がたるみの原因になります。


皮膚のたるみはむくみを呼び起こす

 皮膚の主成分は、膠原繊維といわれる繊維成分が主で皮膚を支持する機能を持っています。
その膠原繊維の中に、弾性繊維というものが存在していて、これは皮膚の弾力性に関係しています。

 

 年齢を重ねると増えてしまう「しわ」には、真皮結合組織が大きく関わっています。先に述べた真皮にある膠原繊維は、引っ張る力に対抗して変形しないように一定のかたちを維持する機能を持っていて、その中にある弾性繊維は運動によって生じた変形を元に戻す機能を持っています。また膠原繊維と弾性繊維は皮膚の内部の筋肉や臓器に皮膚を密着させる機能も持っています。

 

 これらの繊維の機能が低下するとしわやたるみが発生してしまうのです。それは両者の機能が損なわれると皮膚が収縮できなくなるためです。これがたるみを形成してその結果しわをも形成してしまいます。

 

皮膚のリンパ管や血管はこのような真皮結合組織や細胞外基質で正常に保たれているので、これらの機能が低下したり量が減ったりすることでおのずとむくみも発生することになります。

たるみの原因はさまざま

一言で「たるみ」と言っても、その原因はさまざまです。

 

また、たるみで悩む多くの方は、たるみの原因は1つではなく複数の原因が複合的に絡み合ってたるみを引き起こしています。

 

たるみを予防・解消するためには、以下のようなことが効果的です。

  • 紫外線対策をしっかりと行う
  • バランスの良い食事を摂る
  • 良質な睡眠
  • 保湿
  • 顔の表情筋、深層筋を鍛える
  • 正しい姿勢を保つ
  • フェイスマッサージや頭皮のマッサージ

 

たるみに限らず、美肌を保つ上で重要な食事や睡眠、紫外線対策をしっかり行うと同時に、たるみ対策のマッサージなどのケアを追加していくことで、たるみを予防・改善することができます。

 

顔の部位によっては、行うべきマッサージや、鍛えるべき顔の筋肉が異なります。

更新履歴